Babel書籍情報

Babel完結4巻 7月発売! »

Babel 書籍情報

電撃の新文芸より全4巻刊行のシリーズ『Babel』

著:古宮九時 / イラスト:森沢 晴行先生

レーベル特設ページ »

 

異世界に迷いこんだ女子大生と
言語にまつわる秘された旅路。

「私は、精神の自由を望みます」

内容詳細 »

おまけ読み物

文庫刊行時に電撃文庫マガジンに掲載された話や、投票企画などに際して書かれた掌編などを掲載してあります。

また同レーベルより刊行の『Unnamed Memory』との関係についても記載してあります。

内容詳細 »

購入特典 new!

書籍をご購入くださった読者様に
特典として各巻書き下ろし掌編を用意してあります。

本をお手元にご用意の上、パスワードを入力して閲覧なさってください。

現在、4巻プレゼント企画中です!

購入特典 »


 

あらすじ

現代日本から突如異世界に迷い込んでしまった女子大生の水瀬雫。
剣と魔法が常識の世界の辺境に降り立ってしまい途方に暮れる彼女だったが、 魔法文字を研究する風変わりな魔法士の青年・エリクと出会う。

「お願いします、私を助けてください」
「いいよ。でも代わりに一つお願いがある。僕に、君の国の文字を教えてくれ」

日本に帰還する術を探すため、魔法大国ファルサスを目指す旅に出る二人。
これは、言葉にまつわる物語。
大陸言語の真実と、人の精神を尊んだ一人の人間の足跡だ。

Generic placeholder image

作品詳細

 2008年に個人小説サイトで連載。『電撃文庫』にて2巻まで刊行されましたが、現在は『電撃の新文芸』より1巻からリブートとなりました。

 どちらも1巻あたりwebの1幕分が収録されており、文庫当時は、厚さの都合上エピソードを半分に削りましたが、 新文芸はエピソードをそのままに、書き下ろしを加えて刊行しています。

 ただ話の内容的には、文庫2巻の続きを新文芸3巻から読んでも繋がるようになっています。

 系統的には「異世界転移もの」。ただし特殊能力も特別な知識も何もない学生が、学び、旅をして、話し合いの末に揉め事を切り抜けていきます。

 この作品で扱うのは「主人公の成長譚」そして「この異世界の言語とは一体どんなものなのか」という問題です。全4巻で伏線を広げ風呂敷を畳むファンタジー、どうぞお楽しみください。

『このライトノベルがすごい!』(宝島社)、2021年単行本5位を頂いています。


キャラクター

Generic placeholder image

主人公。日本の文系女子大生。夏休み初日に謎の穴に吸い込まれて異世界に放り出された。

体力普通・特殊能力なし・勉強好き。根性あり。

日本帰還のために大陸を旅しながら、度々事件に巻き込まれて死にかけている。

エリク

Generic placeholder image

図書館司書をしていた魔法士。魔法文字が専門。

魔力が少ないため構成技術を卓越させて対応しているが、できないことが多いので魔法士というより学者。

雫の世界の文字に興味を持ち、それを教えてもらう代わりに旅の引率を引き受ける。

ラルス(2巻)

Generic placeholder image

現ファルサス国王。27歳で人参嫌いなアカーシアの剣士。

剣士として国王として抜きんでた才能を持ちながら、表面的な性格は無茶苦茶な子供。

突然現れた雫を訝しみ、日々正体を暴こうとしている。

オルティア(3巻)

Generic placeholder image

大国キスクの王妹。残虐で知られる有能な為政者。

大陸に蔓延する言語障害の病のために、雫を自国に呼びつける。小魚が嫌い。


書籍リスト

小説 全4巻(B6版 1-3巻1430円 4巻1450円)



© 2021 furumiyakuji KADOKAWA.