2008/5/27

mudan tensai genkin desu -yuki

本当は朝ブログを確認して行きたかった。けど私は思い切り寝坊してしまって。
遅刻しないように家を飛び出すのがぎりぎりでPCなんか開けなかった。
でも、そんなことは単なる言い訳で―――― 私は本当はどんな返事がついているのか見たくなかったのかもしれない。

「それはまた……直球なコメントね。荒らしてるのとあんまり変わらないような」
「色々考えたの! 個人情報をぼかして、でも過去ってことが伝わるように」
美菜子は頬杖をついたまま器用に顎だけで頷いてくる。
自分だって変だと思ってるって! でも聞かずにはいられなかった。落ち着かないんだもん。
もしこれでコメントが削除されたりしてたら、その時は諦めようとも思ってる。
でも見るのが怖いんだよね。肯定されたらどうすればいいんだろう。
「ともかく、私も一度そのブログ見てみたいし今日、フユの家行くよ。いい?」
「あー駄目。今日約束あるんだ」
「何。デート?」
「違う違う。望……山田望、覚えてる? 同じ中学だった」
「ああ、あの子かぁ」
私と美菜子と望は全員同じ中学出身だ。
だけど美菜子と望はほとんど接点なかったんだよね。どっちも私の友達なんだけど。
望はもともと頭がいい子だったから、今は別の進学校に通ってる。
ちょっと進路の話がしたくて、それで私から約束を取り付けたんだ。
この学校じゃまだ自分からそんなこと言い出す子あんまりいないから、気恥ずかしくて。
美菜子は「じゃあ、コメントついてたら教えてね。何かあったらいつでもメールして」とだけ言ってくれた。
ありがとう、美菜子。すっきりできるよう頑張るよ。

待ち合わせの時間ぎりぎりにファーストフード店に着いた時、望はもう注文して席を取って待っていた。
「あ、こっちこっち」と手を上げて私を呼ぶ。おおー、何かすっごく久しぶりな気がするよ!
きっちりしたブレザーの制服は優等生って感じ。もう雰囲気が違うんだよね。
私はポテトとジュースだけ買うと望の前に座った。
「元気してた? 勉強大変らしいじゃん」
「大変大変。部活やってないけど部活並の時間まで学校で勉強してるよー。
 私は塾行ってないけど行ってる子はもう1日18時間くらい勉強してるんじゃない?」
「うわ。想像つかない」
それからしばらく私たちはお互いの高校や友達の話をしたりした。
同じ中学から望の高校に行った子は少ないんだけど、うちの高校には結構いるんだよね。
彼らの話をすると望は懐かしそうな顔してた。ちょっと疲れたようにも見えるけど、やっぱ勉強大変なんだな。
「それで、フユは文系になったんだよね? 何かやりたいことできた?」
「文系になったというより数学が苦手だったんだけどね……」
あまり胸を張って言える理由ではないので自然と小声に。
お兄ちゃんなんかは文系でも数学が出来るし、文系を選んだ! って感じの人。
で、望は確か理系なんだよね。うう、数学出来る人うらやましいよ。
「望はもう進路決まってるの?」
「うーん、まだはっきりとは。でも数学か薬学かをやってみたいな、って。
 今色んな大学比べてるんだ」
「すごっ。私、どんな大学があるかもよく知らないよ」
さすがに東大とかは知ってるけど、まず間違いなく入れません。
家から通えるところがいいな、とは思ってるんだけど。そういう基準で選ぶのって普通?
「でも布由は進路のことで話したいことがあるんでしょ?」
「あー、うん。英語以外の外国語とかちょっと面白そうだなって思って。ドイツ語とか」
「フランス語とか?」
「そう。ギリシア語とかもあるの?」
「ギリシア語って現代? 古典? 現代ギリシア語をやってるところはあんまり聞かないかも。
 古典ならアカデミックな大学だとやってるよ」
アカデミックって何、と思ったけど私はその質問をとりあえずよけた。
他に聞きたいことがあるんだよね。
「古典ギリシア語ってどんな勉強すると必要なの?」
「さぁ……歴史とか文学とか? あと哲学もかな」
な、何だかすごいね。「フユ」はそういうの勉強してるのかな。
それともただ興味があるだけ?
望はちゃんと大学について下調べしてるのか、他にも色々教えてくれた。
何か彼女と二時間話しただけで、不思議と私も勉強やる気がでてくるんだから凄いよね。
モチベーションのおすそ分けっていうか。やってやるぜー、みたいな気分になれちゃう。
まだ受験まで1年半あるもんね。もうちょっと私も大学について調べてみよう。

望と会ってちょっと浮上した私は家に帰って、そして気合を入れるとPCを開いてみた。
新しい記事は、ない。だけどその代わりにコメントが2通になってる。
私は緊張しながらマウスを動かして―――― コメントを、開いてみた。

 初めまして、fuyuさん。
 あなたが過去の私なんてこと、本当にあるのかなとまず思いました。
 でも前の猫のこと知ってて、イニシャルもあってるし、悪戯だとしたら身内ですよね。
 ただあなたがコメントしてくれた日付は2008年になってて、それがとても不思議。
 コメントしてくれる人に日付の書き換えなんて出来ませんから。
 だから、私からお尋ねしたいです。
 あなたは誰ですか? 
 もしあなたが本当に過去の私で、私が未来の自分かどうかを疑っているなら一つ。
 2008年の弟からの誕生日プレゼントはワンピースでした。
 楽しみを奪っちゃうことになったらごめんなさい。
 あってたら返信ください。待ってます。
 追伸:メールは都合が悪いのかな。何だったら新しいメルアド作ることもできます。

何度も何度も私はコメントを読み返した。
私の誕生日は5/30。もうすぐだ。一体その時、俊樹は何をくれるんだろう。
単なる楽しみではない、ざわざわと落ち着かない気分で私は金曜日のことを思った。