Void

荒野に建つ城には、王都を追われた男が住んでいる。
彼の周囲には人が集まり、街道を行く人間が訪れ、まどろみのような平穏が広がっていた。

これは、彼の平穏が終わる直前を語る、ささやかな恋物語である。
人の噂も詩人の歌も、その真実には近づけない。

Index

荒野の城 : 01

逃亡者 : 02|03|04|05

喪失を贖う : 06

白姫の腕 : 07

区切られた空 : 08

月影 : 09|10

縫われた夜 : 11|12|13|14|15

約束 : 16|17

王の器 : 18|19

夢の果て : 20

番外編

祈り(闇鍋企画提出作品)
水桶に沈む のおまけ
憧憬の


Menu

Top

著作権は放棄しておりません。当サイト内の画像・文章の無断転載を固く禁じます。