Home > info > 小冊子予約について

小冊子予約について

  • 2013-05-01 (水) 9:28
  • info

おはようございます。五月になりました。
小冊子予約を申し込んでくださった皆様、ありがとうございます。
で、予約に関してなのですが……
私がぼけっとしていたのですが、昨日夕方時点で頼もうと思っていた部数を10くらい越えてしまってました。これ注文できるの百冊単位なので、越えてしまうともう百冊注文、で私涙目な在庫になります。
なので前言を翻して恐縮ですが、五月いっぱいまでか、定数に達するまでの締め切りとさせてください。
定数までは、今のところあと90くらいあります。ので、今日になってから送られた分もカウントさせて頂いてますのでご安心ください。

あとAeterna同梱でご連絡くださった方はお取り置きして小冊子頒布の時点でまたメールさせて頂きますので!
ご質問頂きましたが、販売時にはまたぽつぽつ皆様に手作業でメールさせて頂きます。
Aeternaの時よりは少ないですが、作業によってご連絡の時差が出るかと思いますが、ご了承ください。
よろしくお願いいたします。
ありがとうございました!

→小冊子まとめエントリ

追記は、小冊子の書き下ろしとして書いているmemoriae中編、「時の夢」の冒頭。

 時と空間の窓枠によって、全てはようやく全てと成る。高く聳える塔。眠り続けた意思が目を覚ます。
 だからどうか、この祈りが伸ばした指となって、声なき言葉となって、誰かのもとへと届くよう。
 『神』の管理者から、『世界』に愛された娘へ。
 これを、贈る。

「外れない予知とは、どういうことだと思う?」
 頭の後ろで囁かれたようなその声は、男のものにも女のものにも聞こえた。
 遥か遠くから届いた奇跡のような声。けれど、それを受け取った者は何も知らぬ少女だ。連れの男が出かけている間、宿で一人留守番をしていたヴェオフォルミネは、姿の見えぬ誰かからの問いかけに、あっさりと返答した。
「わからない」
 外れない予知とは、彼女自身が持っている異能だ。
 だが見えたものの意味がいつも分かるわけではない。ましてやその異能自体がどういうことかなどと、聞かれても答えようがなかった。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://unnamed.main.jp/words/wp/wp-trackback.php?p=6367
Listed below are links to weblogs that reference
小冊子予約について from no-seen flower log

Home > info > 小冊子予約について

Search
Feeds
Meta

Return to page top