Home > 覆面作家企画 > 覆面企画8 Bブロック

覆面企画8 Bブロック

twitterより転載

「B01 ―― ス・ガ・ル・テ」

面白かった! 冒頭から薄々そうじゃないかと思ってたけど、その予想を当ててなおかつさらに上回る結末がよかった。私の目指す理想形の一つ。

「B02 フーガには二つ星を連ねて」

うわ、これ素敵だな……。美しいし切ない話。成立しなかった異類婚姻譚。
フーケのウンディーネを思い出した。人の慢心が裏切りを生んで、人外の涙が、愛情が人を殺すんだよ。

「B03 ジャクリーンの腕」

あわわわ、すごい。事故によって義手になったピアニストと、彼女の腕の調整を引き継ぐかもしれない義手職人の弟子のお話(未来)なんだけど、これはすごい。それ系の話好きな方には読んで欲しいけど、それ系が何かを言ってしまうとネタバレになるから言えない!

「B04 マリー・アントワネットの手を取って」

かっこいいなあ。美しい生き様。美しい矜持。人を作るのは人だという、そして人の情は良くも悪くも切れないものだと、そういうお話。

「B05 赤い手 白い手」

あわわわわわ(二度目) これ、最初「赤い手」って書いてる時、タイトルが本文に混入しちゃったのをそのまま反映されたのかな、って思ってたら違った。薄々疑っていた一つだけど、またもやそれを当てて上回ってきた。あわわ。

「B06 手児奈物語」

ひゃー! すごくよかった!! 頭がよくて優しい人たちの優しい物語。そしてまさかの平安ものだよ……どれだけ奥が深いんだ覆面企画……平安ものが出て来るとか……

「B07 イハンスにやらせろ」

上手い。機知に富んだお話。肌に触れるような空気がいいなあ。その終わり方も。
タイトルセンスが絶妙です。

「B08 花咲と白い犬」

ひゃー可愛い。あやかしものだあやかしもの。白いもふもふ犬でまっさきに洸海さんを連想したけど参加していなかった……。

「B09 手の行く方へ」

このお話好き。こういう日常の中にふっと現れる、解明されない不思議な話好き。何かが大きく変わるわけでもなくて、それでも少しだけその後の日常の色が変わるようなやつ。

「B10 ローマでも長安でも洛陽でもない、ある都の休日」

ま、まじか……。1行目で盲管さんかな、って思って二つ目のパラグラフで????ってなって冒頭を三往復ぐらいしてしまった。筆力がある人が書いた、地に足のついた転移もの。最後の主人公の告白が胸に来るなあ。

「B11 手探りカデンツァ」

ほほえましー! 最近のコピー機は両面印刷そのまましてくれるのあるから楽譜とか刷るの便利だけど、学校のコピー機は古そうですね……。裏返すの大変。読みやすい。オフィス現代ものの導入、という感じ。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://unnamed.main.jp/words/wp/wp-trackback.php?p=9253
Listed below are links to weblogs that reference
覆面企画8 Bブロック from no-seen flower log

Home > 覆面作家企画 > 覆面企画8 Bブロック

Search
Feeds
Meta

Return to page top